下は、映画「アメリカン・アサシン」からの一場面です。PotPlayerで再生し、英語と日本語の両方の字幕を表示し、スナップショットを作成しました。

You had an even bigger agenda.
もっと大きな計画があったのか/計画はもっと大きかったのか?

この場合のagendaは、scheduleの意味です。ここで注目したいのは、even biggerです。bigの比較級に強調のevenが付いた形で、「(比較対象のものも大きいが、それより)さらに/はるかに/ずっと大きい計画」の意味です。

もう1つ、下は「ゴッサム」シーズン4、ディスク5からの場面です。強調語がfarの例です。

比較級と最上級を強調・修飾する語は多数あり、ときどき混乱します。そこで、簡単にまとめてみました。

(1)比較級の強調語

通常の比較の強調語・修飾語

強調語

摘要

much

(はるかに、ずっと、大幅に)

much stronger

さらなる強調(soとvery):

so much stronger(使用頻度多)

very much stronger(使用頻度少)

far

(はるかに、ずっと、大幅に)

far larger

さらなる強調(soとvery):

so far larger(使用頻度非常に少)

very far larger(使用頻度非常に少)

rather

rather more comfortable

 

yet

yet more comfortable

 

a little

a little higher

 

any/no

(主に、疑問文、否定文、ifの後で使用)

Can you run any faster?

You don’t look any older than your father.

If I were any taller, I would be able to …

The weather is no better than yesterday.

非公式(口語など)

強調語

 

a lot/lots

 a lot nicer

 

a bit

 a bit more

 

高いレベルでの比較の強調(~は~大きい/高い/優れているが、~はさらに~だ)

強調語

 

even

even worse

使用頻度多

still

still worse

使用頻度少

(2)最上級の強調語

最上級の強調語としては、muchとby farのほか、quite (’absolutely’の意味)、almost、practically、nearly、easilyが使われます(「New 3rd Practical English Usage」より引用。下記の例も同じ)。

※「New 3rd Practical English Usage」はイギリスの書籍ですので、アメリカ英語とは多少傾向が異なるかもしれません。

much

He’s much the most imaginative of them all.

by far

She’s by far the oldest.

by far

We’re walking by far the slowest.

quite

He’s quite the most stupid man I’ve ever met.

nearly

I’m nearly the oldest in the firm.

easily

This is easily the worst party I’ve been to this year.

very

He is the very best student in our class. (通常、最上級+名詞の形)

(以下、付録)

(3)ratherの強調語

much

I would much rather be a woman than a man.

(4)tooの強調語

much

He is much too young to drive a car.

以上