「グリーンランド」(関係代名詞の先行詞の取り違え)

「グリーンランド」(関係代名詞の先行詞の取り違え)

映画「グリーンランド」です。PotPlayerで日本語と英語の字幕を同時表示し、スクリーンショットをとりました。今回は、関係代名詞の先行詞についてです。勘違いがあるようです。

(以下字幕)

Unlike most comets or even asteroids, which move much slower and are easier to track,
他の彗星や小惑星とは違い、動きが遅く、追跡は容易だが、

this particular comet is not a singular body,
単体ではなく、

but made up of hundreds of pieces of rock and ice that have broken up over millions of years.
数百万年かかって、数百の岩と氷に分割されている。

(字幕終わり)

この訳では、関係代名詞whichの先行詞をthis particular comet(後ろにあります)ととらえているようですが、もちろん、先行詞はmost comets or even asteroidsです。this particular cometであれば、moves(三単現)となるはずです。

したがって、「他の彗星や小惑星とは違い、動きが遅く、追跡は容易だが」は意味が逆です。

つまり、「他のほとんどの彗星や小惑星は、(この彗星と違い)動きが非常に遅く、追跡は容易だが」、または、「この彗星は、他のほとんどの彗星や小惑星とは違い、動きが非常に速く、追跡は容易でなく」が正しい解釈です。しかも、単体ではないのです。

先行詞は、前後の流れや理屈、文法を考え、確認する作業が必要と思います。この彗星は、動きが速く、追跡が容易でなかったから直前まで見つからなかったのです。翻訳はうっかりミスがけっこう多いものです。

以上