忘れやすいので、備忘録を兼ねて・・・

日本語では、単位の略語(cm、m、kgなど)と、その前の数値の間にはスペースを入れないのが普通です。

日本語の例:10cm 120m 65kg

 

一方、英語の場合、数値と単位の間には半角スペースを挿入するのが原則です。

英語の例:10 cm 120 m 65 kg

 

ただし、次の4つは例外で、数字と単位の間にスペースは入れずに、くっつけて書きます。

% (パーセント)                                                       例:35%

°C(摂氏)と°F(華氏)                                             例:43.5°C

G(またはg)(重力)                                                 例:11G

xx°xx’xx”(xxは数値。緯度と経度=度°分’秒”)        例:34°45’28”

※xx°xx’xx”は、記号の後ろに半角スペースを入れる場合もあるようです。例:34° 45′ 28″

 

なお、学術誌の場合、投稿規定を確認する必要があります。